PFOS とは日本語ではペルフルオロオクタンスルホン酸と訳されるフッ素を含む有機化合物で、ピーホスと呼ばれます。2009 年に残留性汚染化学物質に関するストックホルム条約における規制対象物質に指定されました。有機フッ素化合物は通常の有機化合物と比べて、大きく異なる物理化学的、生化学的性質を持っているため、1938 年にテフロンといったフッ素樹脂が登場して以降、抗がん剤や抗菌薬まで幅広い分野で使われています。

PFOS ってこんな感じの構造です。

PFOS  はたいへん安定な物質であるため、使用された後環境に残留するために生物の体内にも入り込んでいます。多くの環境汚染の研究者が環境中や生体中の PFOS について調べています。いくつか共同研究を行っていた中で pfos.jp というドメインを取得していたのですが、共同研究が終わった後休眠状態だったので研究室ホームページとして復活させることにしました。でも、研究室の主たる研究課題が PFOS という訳ではないです。